Aureole

V.A. / Helping Hand -Tribute To Radiohead-

kilk recordsの呼びかけで、日本の音楽シーンの中でひときわ異彩を放つアーティスト達が集結!しかも内容は90年代の金字塔であるRadioheadの「OK Computer」とPortisheadの「Dummy」の全曲カバー。どの曲もそれぞれが独自の解釈で再構築させ、オリジナルの楽曲とは異なる新たな魅力を吹き込んでいる。Radioheadファン、Portisheadファン、ジャパニーズインディーロックファンはもちろん、すべての音楽ファンが聴くべき素晴らしい内容の作品。なお、アートワークは青木裕が手がけている。

※Aureoleは、Radioheadの「OK Computer」のカバーアルバムに参加しました。

  1. Airbag Aureole
  2. Paranoid Android hydrant house purport rife on sleepy
  3. Subterranean Homesick Alien Marybelle
  4. Exit Music (For A Film) 青木 裕
  5. Let Down ハイスイノナサ
  6. Karma Police Lööf
  7. Fitter Happier Meme
  8. Electioneering camellia
  9. Climbing Up The Walls Glaschelim
  10. No Surprises number0
  11. Lucky nemlino
  12. The Tourist speaker gain teardrop + üka
Label
kilk records
Catalog No.
KLK-2029
Release date
2013.12.4
Price
1,500yen

Comfort : Early Recordings

1st Album "Nostaldom"より以前の作品から、2nd、3rd Albumのアウトテイク集まで、Aureoleのルーツとも言える作品群。限定300枚のCD-R作品としてリリースしました。ライブ会場で販売するCD-Rには1~300のナンバリング付きです。現在、音楽情報・音楽配信サイト「OTOTOY」でデータ販売も行なっています。データ販売は「OTOTOY」のみとなります。

  1. Spec
  2. Icy Cranium
  3. Fishes
  4. Asil
  5. Charge
  6. Rou
  7. Polar Circle
  8. Holiday
  9. Young People
  10. Noe
  11. Violence
  12. Some Things Return To Me
Label
- ( Self Released )
Catalog No.
AROL-002
Release date
2012.12.23
Barcode
-
Price
1,000yen

BUY MP3 / WAV

3rd Album "Reincarnation"

『風の谷のナウシカ』、『スカイ・クロラ』、『攻殻機動隊』、『虐殺器官』、『ファイナル・ファンタジー』、『ICO』…。日本を起点に、そのファンタジー的世界観を構築した作品群と同質の音楽体験をもたらす壮大なサウンドスケープ。そして、圧倒的なバンドアンサンブルにフルート、ビブラフォン、エレクトロニクスが加わる複雑な構造美を湛える楽曲と美しいメロディ。東京インディ・シーンを牽引する現在最注目のセクステット、Aureole、2年ぶりのニュー・アルバム!

Aureoleの通算3枚目となる最新アルバム『Reincarnation』。ポストロック、エレクトロニカ、クラシック、ダブステップ、アンビエント、現代音楽、シューゲイザーなど様々な要素を飲み込み、前作2作から、より進化を遂げたキャリア最高作。『Reincarnation』=再生、輪廻と題された今作では、前世 / 現世 / 来世、生 / 死、時間 / 空間、真実 / 虚構をテーマに、それら超えた、その先の希望に満ち溢れる。ギター、ピアノ、ビブラフォン、フルートなどの生楽器と、エレクトロニクスとの共存するダイナミックで壮大なサウンドは、より強い生命力を獲得した今作だが、その屋台骨を成すのは、よりアグレッシブな方向へシフトしたドラムとベースの存在だ。そしてバンドのアイデンティティでもある日本語詞を独特な響きで歌い上げるイノセントなボーカルが、静と動を巧みに操るサウンドと融合する化学反応を捉えたトラック群は、リスナーを強く揺さぶる。

  1. Live Again
  2. Spirit Wander Field
  3. Dark Adaptation
  4. Pass The Past
  5. Tales
  6. Dell
  7. Suicide
  8. Scare
  9. Destination
  10. Leave
Label
kilk records
Catalog No.
KLK-2022
Release date
2012.9.12
Barcode
4526180114895
Price
2,200yen

BUY BUY MP3 / WAV

生命の鼓動、降り注ぐ旋律。進化した大樹は大きく枝を広げ、世界を包み込む。- 青木裕 ( unkie / downy )

更に進化し、優しくも力強さを増したSoundはアーティストとして、レーベルオーナーとしての森大地の自信なんだろう。 いつでも、どんな状況でも始められるんだよ。希望の音。 - kussy ( Fragment / 術ノ穴 )

もしあなたが、目に見えないものを今でも信じているのなら。 - 照井順政 ( ハイスイノナサ )

怒り、悲しみ、絶望や。抑えきれない波に飲み込まれそうになりながらも、その先へ突き抜けたいと思う。その先の光を再び宿したいと思う。母の胎内へ還るような、絶対的な愛への希求。
どうしようもなく「生きる」ことへ謳われた、賛美のアルバム。 - ハチスノイト ( 夢中夢 )

我々の大好きなバンドは"pastoral psychedelia"とも言うべき素晴らしい世界観を与えてくれる。時には多彩な音色をオーケストラのように激しく響かせ、また時には色彩豊かなソフトコア、ポストロックへと表情を変えてゆく。僕たちにはそれが、まるで一冊の詩集のように美しく思えるんだ。 - Ian Williams ( gamine )

絵や映像でさえも描き出すことが難しいつかみ所の無い色彩の景色や物語を、バンド・サウンドで鮮やかに具現化してしまったような圧倒的な音の世界。緻密かつダイナミック、ソリッドかつファンタジック、ミステリアスかつポップという、入り混じることの難しい要素が元々高いレベルで融合されていた独自のサウンドは、さらに今まで以上に多様なパーツを取り入れて、そしてバンド内で化学反応と分裂を繰り返した後にバンドの新たな進化形として、ここでまた次なる次元の音楽の形を生み出している。東京・日本に限らず、現在ここまで創造力をかき立てるオルタナティヴな「ロック」を奏でているバンドは、世界を見回してみてもそう居ない。現在のインディーのシーンにおいて、Aureoleが非常に希有で貴重で重要な存在だと自らの手で証明してみせた会心の一作。- 松本 修 ( LINUS RECORDS )

史上、最も柔らかく温かいアルバムと断言します。それは耳に触れる優しい感触からスタートし、脳内に映し出されるビジョンも温もりに包まれるのだから。ダブ・ステップ辺りを意識したエッジが効いたサウンドが際立つ楽曲ですら、ゆったりとした余裕を持って受け皿としての大きさを悠然と誇示しています。様々な形をする音が幾重にも重なっても、まるでパズルのピースをはめ込むように画を仕上げていく様。ぶつかり合わず、耳障りなノイズにはならないのです。メロディとサウンドがより濃密に溶け合った幻想世界は、もしかすると死後の世界を現しているかの如く、俗世とは切り離された浮遊感を体感出来ます。
輪廻 ( Reincarnation ) を信ずるのであれば、Aureoleの描き出す世界へ飛び込みたいが故に今からでもカルマを清めなければ。親孝行でもしたくなる気分にさせられます。そう、現実世界で生きる我々の胸に秘めたる讃歌であるからこそ、この音楽で揺れ動く心の弾みを色んな人に伝えたくなります。そこのアナタ、みんなに伝えて、俗世でちょっと輪廻革命でも起こしてみませんか?
これはシンプルな魔法です。 - 田畑 猛 ( 残響shop店長 )

Aureoleの音楽は美しい。もちろんそれは奏でられる音の美しさでもあるけれど、何よりも美しいのはAureoleの音楽に対する"妥協のない姿勢"。そして『Reincarnation』は、そんな妥協のない綿密かつ力強い音楽がこれまで以上に自然でしなやかに聴こえてくる。妥協のない姿勢から得た自信、自信から生まれた自然。進化し突き抜けたAureoleの音楽からは、鳴らすべくして鳴らされたかのような必然さえ感じます。進化したAureoleの音楽はより美しい。 - 武田 政弘 ( タワーレコード池袋店 )

聴く人々にイメージを想像させる「音」を作り出す事が出来る、イメージの伝道師集団Aureole。彼らの音には聴く者を幸せにさせる力がある。彼らの音には聴く者を希望に満ちあふれさせる力がある。「音楽」を楽しむ聴き手、「音楽」を伝える作り手。まさに理想の関係を築き上げられるバンド、Aureoleの魔法で世界は変わるかもしれない。この同じ時代に偶然居合わせる事の必然。怖がらずに、その魔法にかかるのも良いのかもしれない。 - 橋本 貴洋 ( more records )

眩いばかりの光、それでいて柔らかく、優しく包むかのような光。どう形容すればいいのだろう?もしかしたら、生まれて間もなく、まだ目も開かないうちにおぼろげながら感じる光。それとも「Reincarnation」の中での深い記憶に残っている光なのか。まさに1曲目の "Live Again" から、そんな光の中へ。そうか、このアルバムの根底にあるのは、時間や空間を超えた強い「生命」なんだ。 - 奈良 輝臣 ( more records )

音の一粒一粒がまるで宝石のかけらのようで キラキラと夕日に照らされる砂浜のようだ
でもそれはとても儚く、脆く 手の平からさらさらと音もたてず零れてゆく
その一方、その砂浜の先には優しく照らす夕日が 私の顔を紅く染めてゆく
時には哀しく心に染み渡り、でもその中でも優しい希望を感じる
全ての曲に物語を感じ、それが一つの小説のように繋がっていく
まるで一人の人生を覗き見してるような そんな不思議な罪悪感と、そして、あたたかな幸せを感じるのだ - Ferri

MV

Dark Adaptation / 小林 大祐 ( 虚弱。、kagami、flumpool、Ferri 他 )

Live Again / 篠田 利隆 ( 電影 ) ( 虚弱。、Serph、Ferri、Bertoia 他 )

Pass The Past / 瀧 由理子 ( サントリーオールフリー、JR九州、明治キシリッシュ 他 )

Suicide / 中島 佳嗣 ( Meme 他 )

Leave / 中澤 恵介 ( Meme )

Schedule

《チケットのご予約》お名前・公演日・ご希望枚数をご明記の上、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
料金は当日受付にてお支払いいただきます。内容変更等のご連絡がある場合もございますので、必ず連絡の取れるメールアドレスでのご予約をお願いいたします。

2014.4.26 (Sat)

Name
AJYSYTZ "Unknown Nostalgia Release Tour 2014"
Place
広島 Live&Cafe BORDER
Act
AJYSYTZ / Aureole / k the musicgirl / メガネラッパ / speaker gain teardrop
Open / Start
18:00 / 18:30
Adv / Door
2,000yen / 2,000yen

2014.4.27 (Sun)

Name
AJYSYTZ "Unknown Nostalgia Release Tour 2014"
Place
大阪 地下一階 -chika-ikkai-
Act
neue nahel / Aureole / AJYSYTZ / urema / Re:Lilly / 上坂拓海
【VJ】
parade / 戸島篤志 / 眼圧 / イケグチ タカヨシ / bushi
【ライブペイント】
akanomiyabini
Open / Start
17:00 / 17:30
Adv / Door
2,500yen / 2,500yen

2014.5.3 (Sat)

Name
AJYSYTZ "Unknown Nostalgia Release Tour 2014"
Place
新代田FEVER
Act
AJYSYTZ / Aureole / ハイスイノナサ / köttur / and more.
Open / Start
- / -
Adv / Door
- / -

2014.5.31 (Sat)

Name
boneville occident presents "MINUS_3"
Place
大阪 難波Rockets
Act
OVUM / Yasushi Yoshida / Vampillia / Aureole / boneville occident / Eadonmm(dj)
Open / Start
17:30 / 18:15
Adv / Door
3,000yen / 3,500yen / 遠征割り2,000yen(入場時に交通機関の領収書等提示。イベントメール予約のみ。)
Infomation
http://www.bonevilleoccident.com/MINUS_3/

2014.6.2 (Mon)

Name
urema 2nd mini album 「光の棺」 release tour 東京編
Place
下北沢 club Que
Act
urema / Aureole / WOZNIAK / and more...
Open / Start
- / -
Adv / Door
2,300yen / 2,500yen

2014.6.15 (Sun)

Name
kilk records presents “helping hand show”
Place
渋谷 WWW
Act
青木 裕 (downy) / nhhmbase / Aureole / miaou / camellia / speaker gain teardrop / arai tasuku / urbansole / AJYSYTZ / nemlino / cellzcellar feat.大野円雅 / Loof / sundelay+kottur
Open / Start
12:30 / 13:00
Adv / Door
3,800yen / 4,300yen
Information
http://kilk.jp/hhs/

Biography

2007年結成。森大地 ( Vo,Gt & Prog ),岡崎竜太 ( B ),中村敬治 ( G ),中澤卓巳 ( Dr ),saiko ( Syn & Flute ),佐藤香 ( Vibs & Glocken )の6人組バンド。ポストロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽などを通過した奥深いサウンドと「歌モノ」としての側面、この二つの要素が矛盾することなく融合を果たしている。2009年にNature Blissよりデビューアルバム『Nostaldom』をリリース。青木裕 ( downy,unkie ) をゲストに迎えたこの作品は、各方面から多くの支持を得た。2010年にはVoの森大地が主宰するレーベル、kilk recordsより2ndアルバム『Imaginary Truth』を発表。「今後の日本の音楽シーンのキーマン」と称され、一層の注目を集めた。2012年 3rdアルバム「Reincanation」発表。より一層バンドとしてのアンサンブルを高めた。全作品とも全国のTSUTAYAでレンタルCDとしても取扱いを行っている。ライブ活動も精力的に行っており、kilk records主催のフェス「DEEP MOAT FESTIVAL」「skim kilk sounds」「ヒソミネの祭典」ではNATSUMEN、LOSTAGE、unkie、no.9 orchestra、sgt.、石橋英子、Merzbowらと共演。

Left Right

Discography

Imaginary Truth

Aureoleが描く空想のような本当の世界…

男女混成6人組バンド「Aureole」にとって二枚目となる今作は、日本の音楽史を揺るがす重要な作品となった。飽和状態のオルタナティブロック / ポストロック / エレクトロニカシーンに一石を投じる、オリジナリティ溢れるネクストサウンド!ロック、エレクトロ、クラシカル、ミニマル、プログレ、サイケ、民族音楽などを通過した楽曲は、驚くほどポップな感触で、すんなり聞き手へと浸透していくことだろう。日本語詞を独特な響きで歌い上げるイノセントなボーカル。ギター、ピアノ、ビブラフォン、フルートなどの生楽器とエレクトロニクスが織り成す絶妙なアンサンブル。グルービーでありながら、時に攻撃的なドラムとベース。現実のような夢、夢のような現実。見覚えのある未知なる地、記憶から消されたゆかりの地。「Imaginary Truth」この異世界を是非体験してほしい!matryoshkaのcalu がゲストヴォーカルで参加!

踏み込むは混沌の森。静かに届く歌声は遠い記憶を呼び覚ます。- 青木 裕( unkie / downy )

  1. Pilgrim
  2. Heat Sink
  3. Disappear
  4. Helping Hand
  5. Amulet
  6. Expanding Cord
  7. Cubic World
  8. Plant
  9. World As Myth
  10. Rural Life
  11. Five Common Scenes
  12. Ex-Child

BUY CD BUY MP3 / WAV

Label
kilk records
Catalog No.
KLK-2001
Release date
2010.11.10
Barcode
4526180036739
Price
2,200yen

Seaweed Assemblage

Nostaldomとほぼ同時期に制作された膨大な楽曲群の中より『海』を想起させる楽曲のみを集めたアウトテイク集。

プライベートスタジオでの録音と手作りのジャケットで構成される本作はもうひとつのNostaldomの姿でありまた、セカンドアルバムとは異なるプライベート盤である。美しくも憂いを帯びた音は世界の終わりを予感させる。

  1. The Sea , The Room
  2. Satanic Lie
  3. Mind Cutter
  4. Light My Face
  5. Miz
  6. Den
  7. Some Good Things
  8. Diapause
  9. Eight Horns
  10. Dead On The Beach

BUY CD BUY MP3 / WAV

Label
- ( Self Released )
Catalog No.
AROL-001
Release date
2010.02.20
Barcode
-
Price
1,500yen

Nostaldom

洋楽の響きをもった日本語詩と "KID A" をさらに進化させたような楽曲はオルタナティヴ・ロックの未来形サウンド!!"ポスト・オルタナティヴ" の新たな歴史はオーリオールから始まる!!

独創的で高い文学性を持った歌詞と、Radiohead,Sigur Rosや The Album Leafなどの洋楽の影響、あるいはWorld’s End Girlfriend,matryoshka 等の邦楽の雰囲気、同時代を強く感じさせる楽曲。サウンドと一体化したヴォーカルは溶け合って聴き手を別のストーリーを持った世界へと引きずり込んでしまう。不穏でダーク、ノイジーな1曲目から、美麗で荘厳、ロマンティックなラスト曲まで、豊かなヴァリエーションと圧倒的な実力をもった本作は、これがデビュー作とは思えないほどの完成度です!!

泣きたい衝動を抑えようとする時、私は目をぎゅっと瞑って、意識を遠くへ飛ばそうとする。そこにあって欲しいのは、光と、哀しさを知っている優しい声・・そう、Aureoleの音だ。- calu (matryoshka)

大きな台風が2年ぶりに上陸しようかというこんな日に「Nostaldom」を聴いていると、なんだか子供のころのことを思い出してしまった。そういえば、あのころ嵐の晩はワクワクしてしまって眠れなかったな。世界が終わるんじゃないかって。そんな予感がして。子供の眼から見たら、きっと世界の終わりだって美しいのだ。どこまでも優しいメロディーと、破壊的なノイズが屈託なく同居している様は、まるで子供のようで、聴き手の感傷を心地良くくすぐってくれる。やがて嵐が来る予感を抱きながら、もう一度、子供の頃に戻ろう。- 大野 均 ( sgt. / 旅団 )

ぼくらの心の闇に潜む狂気。それは美しい旋律となって奏でられる。- 青木 裕 ( unkie / downy )

  1. Windfall
  2. Needle
  3. Reign
  4. Yesterday's Parade
  5. Permanent State
  6. Incident Light
  7. Disorder
  8. Call My Another Name
  9. Nostaldom
  10. Convergence
  11. Model Land
  12. Keef As It Calms

BUY CD BUY MP3 / WAV

Label
Turquoise / nature bliss inc.
Catalog No.
NBCD004
Release date
2009.11.18
Barcode
4560267299044
Price
1,980yen

Movie

Contact

ライブのオファー、チケットのご予約など、ご連絡はこちらのフォームからお願いいたします。

チケットのご予約についての注意事項
メッセージ欄に、お名前・公演日・ご希望枚数をご明記ください。
料金は当日受付にてお支払いいただきます。内容変更等のご連絡がある場合もございますので、必ず連絡の取れるメールアドレスでのご予約をお願いいたします。

Back to TOP
twitter
SoundCloud
Facebook
flickr
kilk records